【DbD】サバイバー「メグ」固有パーク、スキン、過去解説

メグのアイキャッチ

みなさんこんにちは!ビーユーです。

今日はDBD界きってのおてんば娘、「メグ・トーマス」の固有パーク、おすすめスキン、儀式の森に連れてこられた背景について解説していきます。

  • 「メグ」の固有パークや背景を知りたい!
  • 「メグ」のおすすめスキンは?
  • 「メグ」がたまに仮面をつけているけど今からでも手に入る?

このような悩み、疑問を解決できる記事になっています。「メグ」を育てるか迷っている人、「メグ」のパークの魅力やスキンが気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

※私は1年以上ランク1を続けていサバイバーです。
フェンミンが1番好きです。

学生時代クラスに1人はいたであろうおてんば娘そのまんまですね

目次

メグの過去、背景

メグの画像

恐らくメグの荒い気性は母親の影響によるものか、メグが幼い頃に二人を捨てて出て行った父親のせいだろう。
メグはもともと成績優秀だったが、途中で道を踏み外してしまった。
しかし、幸運な事に体育教師がメグの有り余った体力を陸上競技で発散してはどうかと勧めてくれた。
メグは学校の人気者になる為やる気になり、大学の特待生資格まで獲得した。
しかし、病気になった母親を看病する為にメグは大学に行く事を諦めた。
ある夏の日、ランニングで森の深い所まで入ったメグは戻ってこなかった。
たくさんの人により捜索が行われたが、誰もメグを発見する事はできなかった。

https://w.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/14.html

メグは幼い頃から母親との2人暮らし。父親は2人を残して家を出て行ってしまいした。
おてんば娘で運動神経は抜群だったメグは体育教師に陸上競技の道を勧められ、才能が開花します
陸上の成績も優秀で大学の特待生枠まで獲得します。

しかしその生活も長くは続きません。
女手1つで育ててくれた母親が病気を患ってしまい、看病するためにメグは大学に行くことを諦めます。
仕方のないことだと頭ではわかっていても、悶々とする気持ちをエンティティ様は見逃しませんでした

ある日いつものようにランニングで森の中に入っていったメグは、エンティティ様に儀式の森へ連れ去られることとなったのです。大規模な捜索が行われましたが、誰もメグを見つけることはできませんでした。

ですが走ることには慣れているメグ。自慢の運動神経を活かし、森を走り回って脱出を目指します

足が速くなったり、キラーを翻弄するパークが揃っています。

メグの固有パーク解説

メグの画像

メグの持つ固有パークは以下の3つです。

  • 素早く静かに
  • 全力疾走
  • アドレナリン

メグは陸上競技の才能があったため、足が速くなるパークが揃っています。
サバイバーは基本的に走ってキラーから逃げ回るため、メグの持つ全力疾走というパークは初心者から上級者まで幅広く愛されています

それではメグの持つ固有パークについて解説していきます。
※パーク説明は全てレベル3を想定しています。

固有パーク①:素早く静かに おすすめ度★★★☆☆

素早く静かにのパーク画像

乗り越えや隠れるアクションで発生する音の探知範囲と、音が聞こえる範囲が100%減少する。

この効果は20秒間のクールタイムがある。

まず最初は、レベル30でティーチャブルパークが出現する「素早く静かに」です。
このパークは足が速くなるというよりは、キラーを翻弄して逃げ切るタイプのパークです。

窓の乗り越えやロッカーに走りながら入るときの通知音がキラーに全く聞こえなくなります
チェイスをしながらロッカーに隠れても音がしないため、キラーはどこに逃げたか分からなくなります。
とは言え、そんなにすぐに遠い場所まで逃げることは不可能なので、周りを探して見つからなかったら「ロッカーかな?」と目星をつけられて見つかってしまいます。このパークを使う際は

  • 乗り越えアクションの後足跡を残さなくなる「ダンス・ウィズ・ミー」
  • ロッカーに素早く隠れてスタンを狙う「真っ向勝負」
  • ロッカーに入ったか入ってないかの選択を迫らせる「欺き」

これら相性の良いパークと組み合わせて使うのをおすすめします。

使い所が限定的で、玄人好みのパークと言えます

固有パーク②:全力疾走 おすすめ度★★★★★

走り始めたとき、通常の150%の速度で最大3秒間全力で走る。

40秒間の疲労を発生させる。

次にレベル35でティーチャブルパークが出現する「全力疾走」です。
無条件で3秒間通常の150%の速度を出してダッシュすることができます

ダッシュ系パークの中でも最強と呼び声の高いこのパークは、初心者から上級者まで幅広く愛されています。キラーを確認して逃げ出すときや、救助に行くタイミングなど、様々な状況で力を発揮することができます

ダッシュ系パークについて解説した記事です

初心者にまずメグを育てることをおすすめする理由は、この「全力疾走」を所持しているからです。

固有パーク③:アドレナリン おすすめ度★★★☆☆

アドレナリンのパーク画像

脱出ゲートが通電すると、健康状態が即座に1段階回復し、5秒間通常の150%の速さで走ることができる。発動時に行動不能だった場合、このパークの効果は保留され、解放されたときに発動する。

・ 生存者がまどろみ状態・夢見状態の場合、解除する

・ 疲労状態でも発動が可能

・ スキル使用後40秒間の疲労を発生させる

最後はDbD界でも中毒者を大量発生させているこのパーク「アドレナリン」の解説です。
レベル40でティーチャブルパークが出現します。

通電した瞬間に健康状態が1段階回復して5秒間通常の150%の速度で走れます。

  • 負傷状態→無傷
  • 這いずり状態→起き上がって負傷状態
  • 吊られている状態→救助後無傷になってダッシュ!
  • 深傷状態→深傷が治るだけ・・・

このようにいくつかのパターンがありますが、吊られている時にもパークが発動して、救助されたら無傷になるというところが嬉しいポイントですね。
逆に、深傷状態の時に通電したら深傷が治るだけなのでコスパは悪いです。
通電しそうだなーと思ったら深傷だけは治しておくようにしましょう!

このパークをつけていると色々なドラマが生まれるので、配信者には非常に愛されているパークです。
初心者はまず通電まで持っていくところが難しいので、ゲームに慣れてきたら使うことをおすすめします。

キラーとロングチェイスしている間に通電して、アドレナリンを発動させて逃げ切ると本当に気持ちが良いです!

豊富なスキンが揃う!仮面は今でも手に入る?

メグは初期からいるキャラで、スキンに関してもかなり優遇されておりカッコ良いものや可愛いものが取り揃えられています
その中でも「仮面をつけたメグ」にたまに遭遇することはありませんか?

仮面メグ

これはDbDを作った会社と同じところが出したSteam版ゲーム「Deathgarden: BLOODHARVEST」をプレイした人のみがコードを入力してもらえる仮面です。
そして現在はそのゲームのサービスが終了しているため、もう入手することはできません・・・
(twitterで裏技的に入手する方法が書き込まれているときがありますが、ダウンロードは自己責任でお願いします。)

この仮面をつけているサバイバーは昔からプレイしているということが一目でわかるため、キラーでマッチした際は熟練サバイバーである可能性が高く注意が必要です。

私はそもそもPS版でのプレイヤーなので入手できませんでした・・・

また、メグの仮面といえば最近もう一つ、豚仮面メグが登場しました。

メグの豚仮面

最近行われたSAWコラボの際にコードを入力して手に入れることができました。
しかしこの仮面も現在は期間が終了し、入手することはできません・・・
またSAWコラボで手に入れられる日を待ちましょう。

この豚仮面をつけているメグを最近よく見るようになりました

仮面はもう手に入れられないですが、メグには他にも魅力的なスキンがたくさんあります
多すぎて選べないほどですが、私のおすすめするスキンは以下の4つです。

猫のTシャツを身に纏ったメグはとても可愛いです
男前なメグもカッコ良いですし、テニスファッションのメグも可愛いです(テニススキンは個人的好み)。
ゴージャスでセクシーなメグも魅力的ですね。

私は基本的にはカッコ良いメグをチョイスして儀式に臨むことが多いですが、バリエーション豊かなメグのスキンをぜひストアに行って確認してくださいね。

まとめ:足の速くなるパークでキラーを翻弄しよう!

いかがでしたか?今日はサバイバー「メグ・トーマス」の固有パーク、背景、スキンについて解説してきました。
陸上競技の才能を開花させたメグは、DbDの中でも逃げ足の速くなるパークをたくさん持っています。
キラーから逃げ切れる確率も上がるので、初心者にもおすすめのサバイバーと言えます
この記事を読んでメグを育てる決心がついたという人がいたら幸せです。

全力疾走」はダッシュ系パークの中でも最もおすすめできるパークですし、「アドレナリン」も中毒性の高いパークです。ぜひ1度メグを使って体験してみてください。

スキンも仮面はもう手に入れることはできませんが、他にも魅力的なものがたくさん用意されています。理想の見た目のメグをカスタマイズしてみましょう

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる