【DbD】チェイスにおすすめダッシュ系パークランキング!

みなさんこんにちは!ビーユーです。

普段DbDをサバイバーでプレイしている時、多くの人が4つのうち1つは「ダッシュ系」と呼ばれる、特定の条件下で足が速くなるパークをつけていると思います。
現在、DbDにはこの「ダッシュ系パーク」と呼ばれるものが5つ存在しています。

  • 全力疾走(メグ・トーマス)
  • スマートな着地(ネア・カールソン)
  • デッドハード(デイビッド・キング)
  • しなやか(フェンミン)
  • 大ヒット(リー・ユンジン)

今回の記事では・・・

  • どのダッシュ系パークを持っていけばいいかわからない・・・
  • ダッシュ系パークそれぞれのメリットやデメリットを知りたい・・・
  • ぶっちゃけどのダッシュ系パークが最強???

このような悩み、疑問を解決するべく、おすすめダッシュ系パークランキングを作成しました!まだDbDを始めたばかりで何をつけるか迷っている方、それぞれのパークの強さをまだ理解しきれてない方はぜひ参考にしてみてください。

※私は1年以上ランク1を続けているサバイバーです。あとフェンミンが1番好きです。
※パーク説明は全てレベル3時点での効果となっています。

当ブログ(ビーユールーム)では初心者向けにパーク解説や新サバイバーの情報などをアップしています。↓

使い所が多く熟練サバイバーにも人気の高いパークを上位にあげています。

目次

チェイスにおすすめダッシュ系パークランキング!

ランニングシューズ

第5位 大ヒット おすすめ度★★☆☆☆

第5位は、リーユンジンの固有パーク「大ヒット」です。

パレット(板)で殺人鬼を怯ませた後、通常の150%の速度で4秒間全力疾走する。40秒間疲労状態になる。このパークは疲労のステータス中は使用できない。

大ヒットのメリット
  • 従来のダッシュ系パークは3秒加速だが、大ヒットは「4秒加速」
  • 板スタンですでにキラーとの距離を取れるため、そこから更に加速は撒ける確率が上がる
大ヒットのデメリット
  • dbdではよくある、相打ちで板を当てる瞬間のラグと重なると1秒くらいロスしてしまい、結局3秒くらいしか使えない
  • 板スタンしている時点で距離が取れるため、ダッシュ系としての重要度は下がる
  • そもそも板がある場面でしか使えず、さらにスタンさせないといけないので発動タイミングが少ない・・・
相性の良いパーク
  • ウインドウズ・オブ・オポチュニティ・・・板の場所をすぐに確認できる
  • 鋼の意思・・・声を出さないため、組み合わせると撒ける確率が上がる

久しぶりのダッシュ系パークが登場ということで当初は話題になっていた「大ヒット」。しかし今となっては使用している人をほとんど見ることはありません・・・
4秒加速とは言っても板スタンの少しのラグを考えると、実質3秒加速とあまり変わらない状態になることが多いです。

初心者のうちからこのパークを使うと、板スタンすることが目的になってしまい無駄な板消費につながってしまう可能性がありますのであまりおすすめはできません・・・

私も何回か使用したことがありますが、板を倒すだけではなく当てないといけないというところで発動の難しさを実感しました。
実際に使用するならば、ウインドウズ・オブ・オポチュニティや鋼の意志などと組み合わせるのがおすすめです。

限りのある貴重な板なのでできる限り節約したいですね

第4位 スマートな着地 おすすめ度★★★☆☆

第4位は、ネアの固有パーク「スマートな着地」です。

高所から落ちた後、猫のような反射神経により落下時のよろめく時間が75%減少し、うめき声の大きさが100%低下する。通常の150%の速さで、最大3秒間走ることができる。40秒間の疲労を発生させる。疲労中はスマートな着地を使うことが出来ない。

スマートな着地のメリット
  • 1階、2階にわかれているマップでは大活躍できる。
  • あまり使用率が高くないのでキラーも警戒が薄れ、落下した時に油断してくれることがある
スマートな着地のデメリット
  • 平坦なマップではほとんど使える機会がない
  • 大事な局面で近くに高低差がなく腐ることが多い
相性の良いパーク
  • 凍りつく背筋・・・キラーが近づいてきた時、落下時のうめき声無し効果を利用し隠密
  • 予感・・・キラーの来る方向を察知して逆方向に落下しつつ逃げる

昔は疲労時でも着地硬直がなかったため、全力疾走やデッドハードと並び愛用している人が多かった「スマートな着地」ですが、弱体化後はどんどんと影に隠れていくこととなりました・・・

ただ、落下時のうめき声がなくなる効果が追加されたので隠密する際には使いやすくなりました。強いキラーは声や音を聞き分けてすぐ近づいてきますからね・・・

1階と2階のフロアがあるところではもちろん活躍しますが、平坦なマップではほとんど使用できずに腐ることが多いのでこの順位となりました。

シェルターウッズは本当に使う場所がなくて困ります

第3位 しなやか おすすめ度★★★☆☆

第3位はフェンミンの固有パーク「しなやか」です。

急いで乗り越えを行うと加速し、最大3秒間、移動速度が通常の150%に上昇する。40秒間の疲労を発生させる。

しなやかのメリット
  • 窓や板があればどこでも使用できるため発動機会は多い方
  • ダンスウィズミーや素早く静かにと組み合わせてキラー撒いてやる構成ができる
しなやかのデメリット
  • 板や窓を越えている時点でキラーと距離を取れているため、重要度は低い
  • 最速とびや板乗り越えをした場合、キラーに通知がいく
相性の良いパーク
  • ダンスウィズミー&素早く静かに・・・足跡を消してロッカーインするとキラーを撒ける
  • ウインドウズ・オブ・オポチュニティ・・・板、窓の位置をすぐに確認できる

大好きなフェンミンの固有パークですので1位にしようか迷いましたが、さすがにそこまでの忖度はできず第3位となりました。

最近しなやかを使っている人はダンスウィズミー、素早く静かにと組み合わせてキラーを撒くコンセプトが多い気がします。もちろん単体でもキラーと距離を取れるので使用している人は多いのですが、やはり「全力疾走」と比べると「しなやか」は障害物が必要な分見劣りしてしまいます。

また窓や板を急いで乗り越えるとキラーに通知がいくため、移動時に使用するのもリスクが伴います

上位2パークを退けるほどの効果はないと判断し、3位となっています。

私は最初にフェンミンを育てていたのでしばらくはしなやかを使っていました

第2位 デッドハード おすすめ度★★★★★

第2位はデイビッド・キングの固有パーク「デッドハード」です。

負傷時、ダメージを避けるためアドレナリンを一気に放出して前方に素早くダッシュする。 前方へダッシュするには、走っているときにアビリティを発動ボタンを押す。 走っているときのみアビリティが発動可能。 スキル発動中はダメージを回避できる。40秒間の疲労を発生させる。

デッドハードのメリット
  • 板や窓にギリギリ届かなそうなシーンで使用することによりチェイス時間を引き延ばせる
  • 自分の使いたいタイミングで使える
  • 通常時疲労を気にせず走れる
  • 悪あがきになったとしても空振りを取ればそれだけ時間を稼げる
デッドハードのデメリット
  • DbDではよくあるラグにより、ボタンを押してるはずなのに不発が頻繁にある
  • 怪我をしている状況じゃないと使えない
  • 初心者にはタイミングを見極めるのが難しい
相性の良いパーク
  • 鋼の意思・・・怪我をしている時に発動するので、声を出さなくなるパークは抜群の相性
  • アドレナリン・・・怪我状態が増えるので、最終局面で回復できるのはありがたい

1位と2位は大方の人が予想できていたと思いますが、デッドハードが2位にランクインです。

チェイスの上手い配信者の方が愛用しているのはだいたいデッドハードです。チェイスが趣味の人ならわかると思いますが、ギリギリ板や窓に届かずやられるというシーンが頻繁に発生します。そんな時に重宝されるのがデッドハード。1回チェイスポジションに移動することができればかなり時間を稼ぐことができます。

ボタンを押して自分の任意のタイミングで発動できるというところも強みで、現在DbDに実装されているダッシュ系パークでは唯一となっています。また、1位の全力疾走との比較になりますが、通常時から疲労を気にせず走り続けられるところも魅力の1つです。

ただ、DbDにはラグがつきものであり、ボタンを押したはずなのに不発となり「今デッハ打ったじゃーん・・・」というシーンもよくみられます。

配信者もつけているし、「デッドハードは強い」という情報をもとに初心者もデッドハードを儀式に持っていく傾向がありますが、それに関してはあまりおすすめしません。初心者はデッドハードを打つタイミングがわからず結局打たずにやられてしまうということが多いので、慣れるまでは1位の全力疾走をつけていくのをおすすめします。

デッドハードは中級者〜上級者向けのイメージです

第1位 全力疾走 おすすめ度★★★★★

第1位はメグトーマスの固有パーク「全力疾走(スプバ)」です。

走り始めたとき、通常の150%の速度で最大3秒間全力で走る。40秒間の疲労を発生させる。

全力疾走のメリット
  • 発動条件が「ダッシュする」ことだけなので機会が圧倒的に多い
  • チェイスはもちろん、移動時や救助時などにも使用できる
  • キラーを確認して逃げるだけで追われないこともしばしば
  • 腐ることがない
全力疾走のデメリット
  • 疲労管理が大変
  • いざというときに使いたくて走れなくなってしまう
相性の良いパーク
  • 執着心・・・走れないけど歩くスピードが早ければ問題なし!
  • 凍りつく背筋・・・素早くキラーを確認してかなりの距離を取れる

今回のダッシュ系パークランキング、堂々の第1位は全力疾走です!初心者〜上級者まで幅広く愛されているこのパークは、「ダッシュをする」だけというとても簡単な発動条件で使いやすいです。

いち早くチェイスポジションに逃げることができ、余裕を持ってキラーとのチェイスに挑むことができます。また通常の発電機間の移動時や、救助にすぐ向かいたい時なども発動するので非常に使い勝手の良いパークです。

2位のデッドハードとの違いは「初心者にも扱いやすい」点です。タイミングなどが難しいデッドハードに比べていつでもどこでも発動できる全力疾走は心強い味方です。

注意しなければならない点は、「闇雲に使っているといざという時使えなくなること」です。大事な局面ではいつでも使えるようにしておくこと、疲労管理をしっかりと行わなければなりません。

チェイスが趣味の方はデッドハードがおすすめですが、バランスの良いプレーをしたい人と初心者の方は全力疾走をつけて儀式に挑みましょう!

全力疾走とデッドハードは私も半々くらいの使用率で甲乙つけがたい部分もあります

まとめ:全力疾走とデッドハードは使い分けが大事

アメフト選手

いかがでしたか?お気に入りのダッシュ系パークは見つかりましたか?ダッシュ系パークの違いやメリットデメリットなど、参考になっていれば幸せです。

今回1位と2位だった全力疾走とデッドハードは、熟練のサバイバー達でもどちらを持っていくか迷ってしまうことが多いです。自分で実際に使用してみて使いやすい方を選んでみてください。

3位以下のパークも使いどころを見極めればとても強いパークとなります。ぜひこのランキングを参考にベストなダッシュ系パークを見つけてくださいね。

当ブログ(ビーユールーム)では初心者向けにパーク解説やアップデート情報を記事にしています

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる