【DbD】セルフケアが最強?自己回復できるパーク5選!おすすめ度付き

自己回復

みなさんこんにちは!ビーユーです。

サバイバーで儀式に向かうとき、大多数のプレイヤーが1つは回復系パークを持っていくと思います。
DbDには多くの回復系パークが用意されていますが、やはり1番人気の回復系パークはセルフケアですよね!
初期キャラのモレルが所持していることもあり、初心者から上級者まで幅広く使われています。
今回は・・・

  • 本当にセルフケアが回復系パークで1番おすすめなの?
  • セルフケア以外にもおすすめ回復系パークはある?

このような悩み、疑問を解決できる記事となっています!これまで回復系パークはセルフケアしか使ったことがないという方、セルフケア以外の回復系パークも知りたいという方はぜひ参考にしてください。

※私は1年以上赤帯をキープしていたサバイバーです。キラーもプレイします。
※1番好きなサバイバーはフェンミンです。
※パーク説明は全てレベル3を想定しています。

おすすめ度もつけていますのでどうぞご覧ください

目次

自己回復できるパーク5選!

回復せずに発電機をぶん回すプレイスタイルの人もいますが、やはり回復はしておきたいもの。
早速自己回復系パークをおすすめ度つきで紹介していきたいと思います。

回復したいサバイバー達

セルフケア おすすめ度★★★★★ モレル レベル40

回復アイテムを使わずに、通常の50%の速度で自己治療ができるようになる。自己治療に回復アイテムを使うときの効率が20%上昇する。

最初に紹介するのはやはり回復パークの帝王、「セルフケア」です!
以前公開したサバイバーパーク使用率ランキングでも1位を獲得した、知らない人はいない強パークです。

場所を選ばずいつでもどこでも回復できるセルフケアはやはり1番使いやすいパークと言えます。
もちろん筆者の私も回復系パークといえばまずセルフケアを思い浮かべます。

初心者にも大変おすすめで、迷ったらとりあえずこのパークを選べば間違いありません。

セルフケア以外のパークもぜひみていってください。

恵み:癒しの輪 おすすめ度★★★★☆ ミカエラ レベル35

無力なトーテムまたは呪いのトーテムの付近でセカンダリアクションのボタンを長押しすると、トーテムを清めて恵みのトーテムを作り出す。24メートルの範囲でやさしい鐘の音が鳴り響く。

恵みのトーテムの範囲内にいる生存者は治療速度が100%上昇し、医療キットがなくても自己治療が可能になる。

トーテムは同時に1つしか清められない。装備したすべてのパークが恵みのトーテムが有効になる。

2つ目はトーテムを清めて回復ゾーンを作る「恵み:癒しの輪」です!
2つ目でいきなり自己回復系と言っていいのか疑問符がつきそうなパークですが笑、回復パークには違いないので紹介します。

実装されてから安定した人気を誇る「恵み:癒しの輪」。
セルフケアほどではありませんがつけている人を多く見かけます。

トーテムを清めることでセルフケアや救急キットを使わずとも自己回復ができ、他者を回復する速度も上がる回復ゾーンを作り出します。セルフケアよりも優れている点として

セルフケアが32秒なのに比べ、癒しの輪は16秒で全快できる
・トーテムから24Mは範囲内となり、他者回復スピードが上昇

トーテムを恵むだけで1500BPがもらえる

これらが挙げられます。

・セルフケアに飽きてしまった
・他の回復パークで最もおすすめなものが知りたい

という方はぜひ癒しの輪を持っていきましょう。

内なる回復 おすすめ度★★★☆☆ 共通パーク

トーテムを浄化するたびに、内なる回復が発動可能になる。すでに衰弱ステータスを受けている場合、内なる回復は発動しない。

内なる回復が発動中、負傷状態でロッカー内に8秒間隠れると、負傷から無傷に回復する。

発動に成功すると、内なる回復は解除される。

3つ目は以前ナンシーの固有パークで現在は共通パークとなっている「内なる回復」です。
共通パークになると同時に名称も変更されました。

トーテムを浄化して内なる回復をチャージします。チャージしている間にロッカーに入ると8秒間で全快するというトーテムを見つけるのが得意な方には非常に使いやすいパークです。

トーテムを見つけて浄化する時間がありますので一概には言えませんが、セルフケアが32秒なのに対し8秒は破格の数字です。
あらかじめ内なる回復をチャージしていれば、怪我をしてもすぐに回復できる安心感ができるので、余裕をもったプレーをすることができます。

現在は「恵み」パークが流行していますので、トーテムを破壊しないといけない内なる回復は相性が悪い環境と言えるでしょう。

起死回生 おすすめ度★★☆☆☆ ジル レベル35

フックから救助されるか自力で脱出すると、治療の進行度が即座に50%追加される。

4つ目はバイオハザードコラボキャラ、ジル・バレンタインの固有パーク「起死回生」です。
フックから救助されたら即座に50%回復した状態となります。

自己回復と言いつつ半分しかゲージがたまらない上に、フックから救助された時のみという発動条件の狭さにより星は2つとなりました。
救助された後すぐに戦線に復帰できるのは強みですが、発動できるのが多くても1試合で2回ですし回復しきれるわけではないので、他の回復系パークを優先させるべきです。

リニューアル(セカンドウインド) おすすめ度★★☆☆☆ 共通パーク

他の生存者を負傷1回分に相当する量だけ治療するとリニューアルが発動する。すでに衰弱ステータスを受けている場合、リニューアルは発動しない。

リニューアルが発動中、次に自分がフックから救出されるか自力で脱出すると衰弱のステータス効果を受ける。合計20秒経過すると、リニューアルの効果により負傷から無傷に回復する。

リニューアルは自分が無傷に回復するか、リニューアルの発動に成功する前に瀕死状態になると無効になる。衰弱ステータスの効果を失う。

最後は、共通パークの「リニューアル」です。以前はハリントンの固有パークで「セカンドウインド」という名称でした。
他のサバイバーを負傷1回分回復すると、自分がフックから救助されたのち20秒で全回復するというパークです。

他のサバイバーを回復するだけで発動条件を満たすので、有名配信者が「理論上最強」というほど魅力的なパークです。
しかし儀式中は意外と1回分回復する機会がないことや、救助された後20秒以内にトンネルされて倒れてしまうということもあり実戦的には使いづらいパークであると言わざるをえません。

相性の良い「独学者」のパークと併せて他者回復構成にするのが面白いです。

まとめ:現状最強の回復パークはやはりセルフケア!

いかがでしたか?今回は自己回復系パークをまとめた記事となりました。
記事冒頭にも書いたように、現状自己回復系パークは「セルフケア」1強の時代となっています。

恵みパークが登場して癒しの輪をつけている人も増えましたが、恵みはキラーに排除されますし、いつでもどこでも回復できるセルフケアはやはり強いです。

初心者は1度セルフケアを使ってみて、慣れてきたら他のパークで遊ぶのがおすすめです。

それでは良きDbDライフを!

当ブログ(ビーユールーム)ではDbD攻略記事を多数公開しています。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる